K07sannmotoyama小皿,住まい、インテリア , キッチン、食器 , 食器 , 和食器,sunnsand.no,250円,/cumol983902.html 250円 K07sannmotoyama小皿 住まい、インテリア キッチン、食器 食器 和食器 K07sannmotoyama小皿,住まい、インテリア , キッチン、食器 , 食器 , 和食器,sunnsand.no,250円,/cumol983902.html 注文割引 K07sannmotoyama小皿 注文割引 K07sannmotoyama小皿 250円 K07sannmotoyama小皿 住まい、インテリア キッチン、食器 食器 和食器

注文割引 K07sannmotoyama小皿 【GINGER掲載商品】

K07sannmotoyama小皿

250円

K07sannmotoyama小皿

K07sannmotoyama小皿

       

商品詳細

K07sannmotoyama小皿の出品です。

 
 
 可愛い絵柄の小皿です。ちょっと深みがあり、煮物、フルーツなどは如何でしょうか、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像にて、商品の状況をご確認のうえ、ご入札ください。
気になる部分は、アップで映してあります。
格安スタートのこの機会に、いかがでしょうか?

★サイズ★
(全体・外寸)
  横幅:約cm×奥行:約cm×高さ:約㎝

 横幅:約cm×奥行:約cm×高さ:約cm

☆注意事項を必ずご覧ください。 

支払詳細

★ヤフーかんたん決済 
発送詳細

★発送方法について





 <<ゆうパック>> ★発送サイズ:60サイズ
詳しい送料は、当社指定の運送会社よりの発送となりますが、 ゆうパックホームページ をご参考ください。

 


 

 
 <<佐川>> ★発送サイズ:サイズ
詳しい送料は、当社指定の運送会社よりの発送となりますが、 佐川急便 ホームページ をご参考ください。




  <<らくらく家財>> ★発送サイズ:ランク
詳しい送料は、当社指定の運送会社よりの発送となりますが、 らくらく家財 ホームページ をご参考ください。
注意事項
お願い!

システムが変わり、「受取連絡」がないと当方に入金され無くなりました、必ず商品が届きましたら「受取連絡」をお願いいたします。
あまりにもルーズな方の場合は、悪い評価を入れざるを得ませんので、どうぞよろしくお願いいたします。


★いたずら入札防止のため、入札の取消しはお受けできません。
★当店では、ゆうちょ銀行でのお取引、ヤマト運輸での発送はお取り扱いしておりません。
ご了承の上、ご入札ください。
★落札後3日以内にご連絡・ご入金がない場合、「落札者の都合」で落札取り消しいたしますので、ご了承ください。

★当店の商品は中古品ですので、多少の汚れ、小傷等がございます。大きな傷は説明にて記載致します。
★店内での撮影のため、小物等映り込んでいる場合がございます。商品詳細に記載がないものは落札対象外ですので、ご了承ください。
★複数の数がある物は店舗にて同時販売もしておりますので、在庫数が変動する場合がございます。そのため、早めの入札をお勧めしております。

★新規の方、神経質な方、システムをご理解いただけない方のご入札はご遠慮ください。
★オークション終了後、3日以内にご連絡の取れる方に限らせていただきます。
★恐れ入りますが、出品者からのお知らせはヤフーから送られるメール(出品者からのメッセージ)とさせていただきます。
★落札後は、落札者様よりのご連絡をお待ちしております。
★送料は元払いのみ対応です。送料・着払い、また商品代金・代引きには対応しておりません。
★落札価格+送料=お振り込み料金です。お振込手数料はご落札者のご負担となります。
★ノークレームノーリターンでお願いいたします。






K07sannmotoyama小皿

静から動へー
ロードはもちろん、クロスバイクユーザーやコミューターまで、バイクを楽しむすべての人のマインドを掻き立てる。

目にした瞬間に、纏った瞬間に心が走り出すウェア。
躍動感に溢れ、サイクリストのマインドを昂らせる1着がここにある。

プリントから縫製まで、一貫した国内生産。
トップアスリートが認めた
パールイズミ製品をその手に。

「ユーザーと楽しむ」、「ライドやスポーツをより楽しくする」。
コミュニティ活動のモットーはシンプルであり、いつもユーザーをワクワクさせるものでありたい。

パールイズミは業界トップクラスの
UCIコンチネンタルチームやブランドアンバサダーを支援する。
限界を超えるアスリート達とコラボレーションすることで常に自身を変化させ、
最高のプロダクトを彼らに提供する。

その昔、1人の自転車乗りがいた。彼は毎日、30kmもの道のりをこいだ。20kgの衣類を顧客に届けるために。その名は清水釿治。快適に走るために、サイクルウェアはどうあるべきか。自らの経験を通じて、彼はすべてのサイクルウェアを再定義することになる。1950年、パールイズミは誕生した。